bootctl(1)

名称

bootctl - ファームウェアとブートマネージャの設定を制御

書式

bootctl [OPTIONS...] status

bootctl [OPTIONS...] list

bootctl [OPTIONS...] update

bootctl [OPTIONS...] install

bootctl [OPTIONS...] remove

説明

bootctl は現在のシステムのブートローダーをチェック・アップデート・インストール・削除します。

bootctl status はブートローダーバイナリのインストールバージョンと全ての EFI ブート変数をチェック・出力します。

bootctl list は設定されているブートローダーのエントリを全て表示します。

bootctl update は EFI システムパーティションにインストールされているバージョンよりも現在のバージョンが新しい場合、インストールされているバージョンの systemd-boot をアップデートします。/EFI/BOOT/BOOT*.EFI に存在する EFI のデフォルト・フォールバックローダーもアップデートされます。エントリが存在しない場合、EFI ブート変数に systemd-boot エントリが作成されます。作成されたエントリはブート順序リストの一番末尾に追加されます。

bootctl install は EFI システムパーティションに systemd-boot をインストールします。systemd-boot のコピーが /EFI/BOOT/BOOT*.EFI に EFI デフォルト・フォールバックローダーとして保存されます。EFI ブート変数に systemd-boot エントリが作成されブート順序リストの一番上に追加されます。

bootctl remove は EFI システムパーティションからインストール済みの systemd-boot を削除します。

コマンドを指定しなかった場合、status として実行されます。

オプション

以下のオプションを利用することができます:

-h, --help

短いヘルプテキストを表示して終了します。

--version

短いバージョン文字列を表示して終了します。

--path=

EFI システムパーティション (ESP) のパスを指定します。指定しなかった場合 /efi, /boot, /boot/efi がこの順番でチェックされます。できるかぎり ESP は /boot にマウントすることが推奨されます。

-p, --print-path

このオプションは status の挙動を変えます。標準出力に EFI システムパーティション (ESP) のパスだけ出力して終了するようになります。

--no-variables

EFI ブート変数を変更しません。

終了ステータス

成功時には 0 が返ります。失敗時にはゼロ以外の値が返ります。

参照

Boot loader specification [1], systemd boot loader interface [2]