paperconf(1)

名称

paperconf - 用紙設定の情報を出力

書式

paperconf [ [ -p ] paper | -d | -a ] [ -z ] [ -n | -N ] [ -s | -w | -h ] [ -c | -m | -i ]

説明

paperconf は指定した用紙の情報を出力します。取得できる情報は用紙の名前、サイズ、横幅・高さです。引数を付けずに呼び出した場合、paperconf はシステム設定・ユーザー設定の用紙の名前を出力します。PAPERSIZE 環境変数、PAPERCONF 環境変数によって指定されたファイルの内容、/etc/papersize の中身の順番で設定が読み込まれ、どの設定も存在しない場合はフォールバック値として letter が使われます。デフォルトでは用紙の横幅と高さは PostScript ポイントで出力されます。

オプション

-p paper 情報を表示する用紙の名前を指定。
-d デフォルトの用紙名を使用。
-a 全ての用紙名を使用。
-z 用紙名が不明の場合、標準エラーにメッセージを出力してゼロ以外のコードで終了。
-n 用紙の名前を出力。
-N 用紙の名前をキャピタライズして出力。
-s 用紙のサイズ (横幅と高さ) を出力。
-w 用紙の横幅を出力。
-h 用紙の高さを出力。
-c 用紙サイズの単位としてセンチメートルを使用。
-m 用紙サイズの単位としてミリメートルを使用。
-i 用紙サイズの単位としてインチを使用。

環境変数

PAPERSIZE

papersize ファイルに書かれている内容を無視して使用する用紙サイズ。

PAPERCONF

使用する用紙サイズが記述されているファイルのフルパス。

ファイル

/etc/papersize

PAPERSIZEPAPERCONF 変数が設定されていない場合に使用するシステム全体のデフォルト用紙サイズの名前が書かれたファイル。

著者

Yves Arrouye <arrouye@debian.org>

関連項目

papersize(5)